乾燥肌 Q&A

セラミドは乾燥肌ケアに欠かせない?

乾燥肌を保湿することでメイクのノリや持ちが良くなるって聞きました。確かに、お肌がモチモチしてた方がファンデがよく乗る気がします。ほかにもメイクのノリをアップする秘訣はありますか?

お肌が乾燥しているとファンデーションが粉を吹いたようになったり、ノリが悪くて崩れやすかったり、なかなか厄介ですね。
保湿をすることで、メイクのノリが改善するというのは、頷けます。

 

他に、メイクのノリをよくするための方法として提案するのは以下の3つです。
乾燥肌対策をしながら、プラスアルファとして取り入れて見てはいかがでしょうか?

 

1)パフやブラシのお掃除。
え?それ?とお思いかもしれませんが、メイクのノリを悪くする原因の一つにメイク道具の汚れがあります。とくにファンデーションを塗るときのパフが汚れているのはNGです。雑菌がたまりやすく、メイクをしたらお肌が荒れちゃった・・なんて笑えない事態も引き起こしかねません。パフは、2〜3個用意して置いて2、3日で変えて使うのが基本。そしてブラシもパフも化粧道具を洗う専用の洗剤を使って洗い、良く乾かしておきましょう。

 

2)顔のうぶ毛を処理する。
顔のうぶ毛がそのままになっていると、ファンデが乗りにくく、さらにそれが原因で崩れやすくなります。メイクのりをよくするためには、うぶ毛の処理をするのがおすすめです。
市販の顔そり用のカミソリを使って、ていねいに剃るだけでもだいぶ違います。
さらに、一歩進んで、顔の脱毛を行うといいですよ。顔脱毛をすることで、うぶ毛がきれいに処理され、つるつるスベスベに。メイクが吸い付くようなお肌、うれしいですよね。
乾燥肌の人でも、顔脱毛は可能です。こちらのページに詳しくあったので読んでみてくださいね。

 

顔脱毛のメリットって?うぶ毛ケアって必要なの?

 

3)日焼け対策を万全に。1年中心がける
日に焼けたお肌は乾燥しがち。せっかくの保湿美容液を使っていても、日焼けによってまた乾いてしまうと、メイクのノリが悪くなってしまいます。ほんの少し出かけるだけでも、日焼け止めを忘れずに、帽子をかぶるなどの日焼け対策を万全にしましょう。