乾燥肌 Q&A

冬に肌が乾燥するのはどうして?

夏は肌の悩みはほとんどないんですが、秋から冬、次の春までの期間は乾燥肌に悩まされます。なぜ、季節によって乾燥したりしなかったりするんでしょうか?

秋の木枯らしが吹くころになると、なんとなく肌の乾燥を感じ始め、冬になるとパリパリとヒビが入ったようになってしまう。
そんな悩みをよく聞きます。

 

これは、女性に限らず、男性にも同様の悩みがあるようです。

 

冬になって、肌が乾燥する原因としては、外気の乾燥が大きいです。
普段から、体の表面にある肌は、さまざまな環境の変化の影響を一番受けやすい場所です。

 

1年で一番空気が乾くのが冬。自宅の乾燥計で測ってみると、湿度が50%を切ってしまうこともあるほどです。
また、寒さ対策にエアコンを使うのも一つの原因。
自宅だけでなく、会社やデパートなどで使われるエアコンによって、空気が乾燥してしまいます。

 

また、肌表面にはいつも皮脂が分泌されています。夏場は汗を良くかきますし、それとともに皮脂もしっかり分泌されて守ってくれますが、寒い季節では汗もかきにくいですよね?
天然の肌表面の保湿アイテムとも言える皮脂の量も少なくなっていくのです。

 

このようにいろいろな原因が重なって冬になると乾燥肌、という事態を引き起こしてしまいます

 

冬だからまあ、仕方ないか・・と放置しておくと、乾燥によって肌の表面が傷つきやすくなって炎症を起こしてしまうこともあるので、
しっかりと基礎化粧品から見直して、化粧水やクリームで保護してあげる必要があるのです。